あしたをおもう森

あしたをおもう森の仲間たち

あしたをおもう森のちょっと不思議な動物たちをご紹介


ビッグ・ツリー

 森じゅうにひびきわたる、あたたかい声で「あしたをおもう森サミット」のはじまりを知らせるブナの長老。400歳。

 ビッグ・ツリーが呼びかける声に、森の動物たちが大集合。どっしりと根をはり、森のみんなをやさしく見守っています。

ビッグ・ツリー

もどる

モリノフ

 あしたをおもう森に住む妖精で、森の案内役。ふわふわと空を飛びながら人々を森へとみちびき、道に迷ったときは助けてくれます。

モリノフ

もどる

くまおさん

 「あしたをおもう森サミット」の議長。体が大きく力持ちでやさしいので、森の動物たちからしたわれている。どんぐりが大好物。

くまおさん

もどる

フク朗

 「あしたをおもう森サミット」の議長補佐。みんなの話を「ホウホウ」とうなずきながら聞いている。森いちばんの物知り博士で、ためになることをみんなに教えてくれる。

フク朗

もどる

オオハク&コハク

 世界を旅する渡り鳥の夫婦。ちょっときどっていて、オシャレ好き。日本だけではなく外国にもたくさんの渡り鳥仲間がいて、世界の環境問題やヨーロッパのエネルギー事情などのことをよく知っています。

 オオハクとコハクと一緒に、「人類とエネルギーのかかわり」について、かんがえてみてね。

オオハク&コハク

もどる

イルハン

 世界の海を泳ぎまわる、フレンドリーなイルカ。その行動力で、ついに海から出て森にやって来た。とても気さくで誰にでも話しかけるので、友だちがたくさんいる。

イルハン

もどる

モグラー

 あしたをおもう森の地中に住むモグラ。語尾につける「モグラ」がとくちょう。明るいのがにがてで、いつもサングラスをかけている。山に落ちているどんぐりを集めるのがとくい。

モグラー

もどる

オサール

 3分話したら相手のとくちょうをマスターできるほどモノマネがとくい。カーモと、2人だけがわかる合図を決めるなど、いろいろおもしろいことを考えるアイデアマン。おさるだけど、戌年うまれ。

オサール

もどる

カーモ

 無口で照れ屋なカモシカ。じつはいろいろ考えているものの、言葉にするのがとても苦手。ふとしたことから"友だち"になったオサールのおかげで、森のみんなとも仲よしになった。

カーモ

もどる

ラビコ

 好奇心おうせいな性格のニホンノウサギ。その大きな耳で、さまざまなウワサ話を聞くのがとくい。いつもあちこちをぴょんぴょんと元気に飛び回っているけど、じつはちょっとおっちょこちょい。

ラビコ

もどる

コンコン

 おしゃべりが大好きで、いつも流行をおいかけているキタキツネ。すこし甘えん坊。自分はしっかりものだと信じているが、森のみんなにはちょっとドジなところがあるとおもわれている。

コンコン

もどる

利用案内

入館料:
無料
所在地:
〒030-0803 青森県青森市安方一丁目1番40号 青森県観光物産館アスパム2階
開館時間:
9:00~18:00
休館日:
毎月第四月曜日(祝日の場合は翌日)
≪2月の休館日≫2/22(月)~24(水)



アクセス

電車:
JR青森駅下車、徒歩約8分
飛行機:
青森空港から青森市内行きシャトルバスで約40分
お車:
青森中央I.Cから車で約15分
駐車場:
観光物産館アスパムの駐車場(有料)をご利用ください→ アスパム:駐車場案内

青森市内の観光施設やショッピング施設を周回するシャトルバスもございます。詳しくは、観光物産館アスパムのホームページ「アクセス」をご参照ください。